Interview

自分の子供に就職先として勧めたいと思う会社です。

- 中間由香理さん
/経理・平成20年入社(36歳)
大変なこともありますが、私がやりがいを持って働いていることは子供も良く知っています。将来性があり、子供にとって絶対にプラスになる仕事だと思っています。
  • Q1. 入社のきっかけを教えてください。

    当時、シングルマザーで3人の子供がおり、一番下の子は0歳でした。自宅から近くて子育てと両立できるような職場を探そうとしましたが、なかなか見つかりませんでした。
    そして、たまたま派遣に登録して見つけたのがこちらの会社で、一年間派遣として勤務し、その後に正社員になりました。

  • Q2. 入社される前、会社のことはご存知でしたか?

    当初は「何の会社か分からない」というのが正直な感想でした。なので、仕事内容を教えて頂いて、よくよく思い出してみると近所のステーションにも確かに車が来ていました。
    そこからリサイクルという仕事に惹かれました。ゴミは必ず出るので、絶対になくならないですし、安定していて尚且つ将来性がある仕事だと思い、こちらに決めさせていただきました。

  • Q3. 子育てと仕事を両立する上で不安はありませんでしたか?

    入社してから迷惑をかけるよりも、と思ったので社長に「シングルで子供が3人いて、下の子は0歳です」とお話ししました。
    それに対して「子育てはお互い様なのでフォローします。子育てしながら仕事をしてもらえればそれで充分です」とお言葉を頂いて、安心して入社することが出来ました。
    実際働いてみて本当に助かりました。学校行事にはほぼ参加できています。最初は気が引けたのですが、「今しか子育てはできないから、むしろ優先してそちらのほうは行ってね」と声を掛けて頂きました。

  • Q4. 現在までにどのようなステップで、どのような内容のお仕事を経験してこられましたか?

    入社後、1年目は窓口業務と計量、2年目以降は請求業務や支払業務です。
    計量の業務は、事務所の外の地面にグレーの鉄板があるのですが、それ自体が計量器になっているので、車ごと荷物をそこに乗せて、荷物を下ろした後に車を計量することで実重量が分かるようになっています。それはドライバー等職種問わず、会社の入り口がそこなので、まずは実際の仕事の流れを知る為にもそこを担当させてもらいました。
    2年目以降は、前職で経理全般をやっていたので、そういった請求や支払の業務に就きました。

  • Q5. ご自身から見た職場の雰囲気を教えて下さい。

    本当に賑やかで社長も一緒になってお話しして下さいます。
    入社して最初の頃に、一番下の子が社長の顔にボールをぶつけて「社長、遊ぼう」と言ったのですが、本当にその後一緒に遊んで下さいました。
    なので、入学式、卒業式には子どもを連れてここに来て毎回一緒に写真を撮っています。
    ほんとうに、社長も専務も皆さんお父さんみたいな感じで。

  • Q6. この会社に入って良かったなと思うことはなんですか?

    今、小学校4年生くらいでリサイクルの授業をやっていて、新聞や古紙、缶類を集めている所があります。うちの子ども達が通っている小学校がそれをやっていたのですが、その回収に私が行った時に子どもが「うちのお母さんが働いている、リサイクルの会社だよ」と自慢してくれたんです。そういった時に社会にとって無くてはならないリサイクルという仕事に携われたことを良かったなと感じます。
    地域のお祭りで紙すきの体験などイベントを開催しているのですが、その時にも子供が率先してサポートしてくれています。

  • Q7. 会社にこんな制度があるといいな、もう少しこうしたら良いのでは?と思うことがあれば教えてください。

    お休みは全然取れているのですが、1日・半日単位ではなく、時間給で給与がもらえたら良いなと思います。3人子どもがいるとそれぞれ色々な行事がありますし、働き方改革で有給を取らないといけない風になってきていますが、丸1日取るのは難しかったりするので数時間ずつトータルで1日分と計算して頂ければ柔軟に活用できて良いのかなと思います。

  • Q8. 辞めようと思ったことはありますか?

    辞めようと思ったことは、本当にないです。子育てと両立できるように融通を聞かせて貰っていますし、仕事は大変な部分もありますけど、みんなで笑いながら仕事をしているので。
    そういった風な職場が出来ているのは、社長や奥さんの人柄と雰囲気が大きいかなと思います。締めなきゃいけないところは締めて、楽しむ時は一緒になって楽しんでくれるので、メリハリがしっかりしています。
    仕事に対してこちらから提案したこともちゃんと聞いて頂けて、チャレンジさせてもらえるので、働きやすい環境になっているのかなとも思います。

  • Q9. 今のお仕事でやりがいやモチベーションになっていることは何かありますか?

    廃棄物というのは、各企業様もそうですが、個人のお客様からも必ず出るものです。物によってはお問い合わせを頂いた時に「どう処分したらいいか分からない」という方も結構いらっしゃって、時には図鑑など思い入れのあるものをお持ち頂くこともあります。そういった物がただの廃棄ではなく、自分の次の物に変えられるようなお金になった時には、よく「ありがとう」とお客様に言われます。そういった言葉をもらった時がすごく「この仕事に就いて良かったな」と思います。

  • Q10. 働く上であなたの価値観・重要視することはなんですか?

    子育てとの両立と人間関係です。
    私が長く勤められているのもそれが出来ているからだと思います。
    職場の人間関係に関しては、仕事に対して「これをこうしたい」と提案をした時にちゃんと話を聞いてくれることが大事だと思います。今はそれを実践した後、もし失敗してしまった時でもフォローまでしてもらえるので自分のステップアップに繋がっています。

  • Q11. これから働く上でどういった仕事をしたいですか?

    リサイクル業界では法律の改定等で「昨日まではこうやって処理していたけれども、明日からはこう変わります」ということが結構頻繁にあります。なので、私たちが職員同士でそれを共有し合って、環境のプロとしてお客様からの問い合わせに迅速で適切な対応が取れるようにしていきたいと思います。

  • Q12. あなたの会社の自慢をしてください。

    社長も含め、役職の有無にかかわらず、みんながフォローし合えることです。
    現場でも「ここが今大変で」と言うと「じゃあ自分が手伝いに行くよ」と声もかけて下さるので。協力し合えるチームワークがうちの会社の自慢ですね。

  • Q13. お子さんの就職先として勧められる会社だと思われますか?

    勧められると思います。現場の仕事など大変なことはありますが、やりがいがあって将来性のある仕事です。子供たちも私がやりがいを持って働いていることは今まで見てきた中で分かってくれていると思います。
    上の子は高校生なのですが、自分から「お母さんの所でバイト募集してないの?」と聞いてくるぐらいで、そういった風に自分の仕事を見て貰えて本当に良かったと思います。

  • Q14. どんな人が入社されたらうれしいですか?どんな人と働きたいですか?入社希望の方にメッセージをお願いします。

    お客様の第一印象は挨拶で決まるので、まずは元気があって、挨拶がしっかりできる方に入社して欲しいと思います。
    それから、気遣いが出来る事も大事だと思います。事務の仕事はお客様が何を求めているかを素早く把握して簡潔に答えを出さないといけないので、簡単なようで難しいことですが気遣いは必要になってくると思います。
    お客様の年齢層も幅広く、例えば「ご高齢の方が家の片づけをして一人でやっとここまで運んで来た」という場合もあります。
    そんな時に気さくに声を掛けて一緒にお手伝いをして、お客様が身の上話までできるぐらいの対応が出来たら、必ずまた来てくださいます。